Mitokondoria

 

月模様の水鏡に
潤う目に映るのは
酒に酔うモノクロの
あの顔さ

深い森に佇んで
霧に包まれて行った
歴史の点の中に

朝日のような
月光が照らす
鯱の口

沈黙といふ叫び
それさえも届かない

綺麗な心でふざけ
て見せては一瞬見せる
その悲しげな顔